光回線の特徴と光回線を利用して使うひかり電話とは?

ガラスやプラスチック製の非常に細いケーブルである「光ファイバー」を伝送媒体とした有線通信のことを光通信(光回線)といいます。

光通信の特徴として、イズの影響を受けることなく安定した通信が確保できることや、傍聴されにくく通信情報の秘密厳守が保てることや、レーザー光を用いた場合には長距離間においても最大100Mbpsという高速かつ大容量通信が可能であることなどが挙げられます。
また、通常の電話回線ではなく光回線を使用した「ひかり電話」においては、NTTの固定電話回線を必要とせずに、月額利用料金や通話料金が固定電話よりも安く設定されているにも関わらず、音声品質が固定電話と同等水準となっています。
ひかり電話の特徴としては、現在利用中の電話番号と電話機がそのまま使用できることや、ダブルチャンネルへのオプション契約が必要になりますが電話が「2回線分」使用できることや、マイナンバーへのオプション契約が必要となりますが最大5つの電話番号が持てるなどが挙げられます。