住宅ローンと年収で下限額とは?

住宅ローンの融資限度額は年収を基準にしています。
多くの銀行で、年収200万円〜400万円を下限額としています。
スムーズな返済のためには、安定した収入があることと、家計管理が出来ていることが条件になります。
まず、収入が安定しているかの尺度になるのが、勤続年数と年収です。
勤続年数3年以上で、年収が400万円以上であれば、審査を通過する確率は高いですね。
あとは、家計管理能力があるかということですが、頭金を準備出来れば金利が優遇されたり、信用情報の評価が上がります。
自営やフリーランスは、返済期間が長期化する住宅ローンの審査に通ることが難しいといわれています。
けれども、頭金を用意することが出来ると、審査での評価が有利になります。